知識 2020.06.19

美容業界大解剖!需要が高い施術はどれ?

思うように客足が伸びない、何が原因だろう?とお悩みの場合、提供しているサービスや商材に問題があるかもしれません。

美容業界においては様々な商材やサービスがあり、店舗もたくさんあります。そのなかで、自分の店舗が競合に埋もれてしまっている可能性も高いです。

そこでここでは、美容業界において注目されている商材やサービスについて解説していきます。需要の高い商材やサービスで、店舗を成長させましょう。

美容業界で開業する場合、どんなサービスや商材がある?

いつかは自分のお店やサロンを持ちたい、美容業界が熱くなっているいま開業を考える人も多いでしょう。また、今まで以上に多くのお客様に来てもらいたい、どうすれば店舗としてより発展するだろうといった悩みを抱えているオーナーもいるかもしれません。

自身のやりたいこと、世間の需要などから、安定して続けられる商材やサービスを選ぶことが大切です。まずは、美容業界においてどんなサービスや商材があるのか、チェックしてみましょう。

エステやフェイシャル、スパ

美に敏感な人が増え、自身で行なうセルフケアとは別にエステサロンに通うという人も多くなっています。エステサロンでは、フェイシャルや痩身コーストリートメントなどいろいろなメニューがあり、一人ひとりの悩みに沿うような形で考えられているのが特徴です。

エステサロンだけでなく、リラックスできる空間としてスパも注目されています。日々の疲れを癒してきれいになれる場所であり、自分へのご褒美や自分磨きのために利用する人が多いです。

美容業界において、エステサロンやスパなどは全国にたくさんの店舗があります。個人店もあればチェーン店もあり、その規模は大きいです。

ネイルケア

爪先まできれいでいたい、おしゃれをもっと楽しみたいという人のなかで人気になっているのがネイルケアです。

簡単なネイルケアから、凝ったデザインのネイルまで様々なメニューがあり、どのデザインにしようか考えるのも楽しみの一つと言えるでしょう。

いつ見られてもきれいな爪でいたい、可愛くておしゃれなものに包まれて過ごしたいと考える人にネイルはおすすめです。

ネイルケアは、ネイルサロン以外に美容院やエステサロンなどでもメニューを提供していることがあります。人気の商材であるため、美容業界で開業を考えている人やもっと顧客を増やしたいという人に選ばれています。

まつエク

ネイルサロンやエステサロン、美容院などで施術を行なうことが多いまつエクも、ネイルケアと同じくらい注目されているサービスです。

つけまつげがもはや一昔前になり、今はサロンに行ってまつ毛のエクステをする人が増えています。

まつエクは専門のサロンもできるようになり、定期的にケアをして長さとボリュームのあるまつ毛をキープしている人が多いです。

脱毛

ムダ毛は、美しくあるためには取り除いておきたいものです。腕や足、脇など人目につく部位だけでなく、最近ではデリケートゾーンと呼ばれるVIOの脱毛を始める人も増えました。

見えないところまできれいにしておきたいムダ毛の悩みから解放されたいと考える人が多いため、脱毛サロンは数多く展開されています。

自宅で行なうムダ毛処理とは違い、プロの技とマシンによって仕上がりがとてもきれいになるため選ばれているのでしょう。

特に、夏場のおしゃれを楽しむため、冬や春ごろから脱毛を始める人が多いです。

今美容業界で求められているのはセルフホワイトニング!

美容業界で多岐にわたる商材やサービス、いざ開業しようと思ったときにどれが良いのか悩んでしまうでしょう。

さらに、店舗で新サービスを導入したいと考えているときにも、どれを選べば客足が伸びるのかわからず不安に陥ってしまうこともあります。

そんななか、今注目されているセルフホワイトニングのサービスについてご紹介しましょう。これからの美容業界、求められているのはセルフホワイトニングです。

ホワイトニング加盟店がまだまだ少ないのが現状

※画像は株式会社シャリオン様提供

脱毛やネイル、エステといったメニューは全国多くの店舗があるものの、セルフホワイトニングを導入しているところはまだまだ少ないです。

たとえば、ネイルサロン数は約24,000店舗と言われており、ネイルに行きたいと考えている人に対して大きく供給が上回っている状態です。

街中でもよくネイルサロンを見かけるように、需要と供給の割合がかたよっています。

一方、ホワイトニング加盟店は約5,500店舗と、ネイルサロンの数に比べて少なくなっています。セルフホワイトニングに行きたいと思っている人の数に対して、店舗がまだ少ないというのが現状です。

需要と供給の関係でみると、供給が追い付いていない状態です。

ここから、セルフホワイトニングが注目される美容商材であることがわかるでしょう。導入している店舗が少ないという点から、今後開業やサービスの見直しをしようと考えている人にとっておすすめと言えます。

他商材と比較してもセルフホワイトニングは魅力的

セルフホワイトニングは、他の商材やサービスと比較してもとても魅力的です。店舗を開業・運営する側にとって、メリットがたくさんあるからです。

他商材と比較しながら、セルフホワイトニングの魅力をご紹介しましょう。

セルフホワイトニングネイル
導入費用110万円10万円程度
単価3,000円~5,000円5,000円~
コスト386円で安定100円~300円
時間30分1時間半
設備畳一畳分ネイルテーブル
技術や資格メーカーでの講習後すぐに始められるネイリストに関する資格が必要
月の売上
(1名あたり)
10,000円5,000円
脱毛 まつエク
導入費用 200~500万 3万円
単価 1,000円~5,000円 5,000円
コスト 100円 50円
時間 30分 1時間
設備 ベッドや個室、パーテーションなど ベッド
技術や資格 メーカーでの講習後すぐに始められる 美容師免許が必要
月の売上
(1名あたり)
5,000円 5,000円

※編集部調べ

セルフホワイトニングの欄を見ると、導入には費用がかかるものの、1名あたりの月の売り上げを見るとしっかり店舗を運営していくことができます。

また、始めるにあたって設備にお金がかからないため、その分の費用も抑えることができます。

技術や資格は必要なくメーカーでの講習後すぐに始められるので、誰でも気軽にセルフホワイトニングを導入できおすすめです。

30分と短い時間で施術を終えられるため、効率よく店舗を回転させることもできるでしょう。コストが安定しているという点も、セルフホワイトニングを続けていきたいと考えるオーナーさんにとっては安心できます。

これからはセルフホワイトニングの時代!サロンの集客や売り上げアップにぜひセルフホワイトニングの導入を!

商材ごとに比較してみると、セルフホワイトニングのメリットがたくさん見えてきます。さらには供給が追い付いていない状態であるため、人々に求められているサービス内容であることもわかります。

これからの美容業界では、セルフホワイトニングがますます注目されるようになるでしょう。

今サロンの集客や売り上げに悩んでいる人これから開業して成功したいという人はぜひセルフホワイトニングの導入を検討してみてください。

初期費用や設備を整える際に必要なスペースなどの細かい部分もチェックしながら、セルフホワイトニングについてじっくり考えてみましょう。

\この記事が気に入ったらシェア!/

基礎知識ホワイトニングを知ろう!

TOP