比較 2020.09.14

導入店舗数が多いNo1メーカーはどこ?

そろそろうちのサロンでもセルフホワイトニングを始めてみたい、調べてみるといろいろなメーカーがあるけれどどこがいいんだろう?せっかくなら、一番いいメーカーを選びたい!とお考えの人は多いはずです。

初期費用などを考えると決して安くはないセルフホワイトニング、メーカーごとに細かく比較して納得したうえで一つのメーカーに絞ることが大切です。

ここでは、セルフホワイトニングメーカー各社の導入店舗数を比較してみました。細かい情報も集めつつ、導入店舗数が1位となっているメーカーをご紹介します 。

セルフホワイトニングメーカー各社の導入店舗数徹底比較!

セルフホワイトニングは、サロンのちょっとしたスペースで気軽に始められることから導入を検討する人が増えています。

白くてきれいな歯をキープしたい、もっと手軽かつリーズナブルにホワイトニングを受けられたら・・・といった消費者の要望にも応えられている設備です。

そんなセルフホワイトニングには、いくつかメーカーがあります。根本は同じサービスを提供しているものの、細かい部分を見ると人気となっているメーカーが見えてきます。

さっそく、セルフホワイトニングメーカー各社の導入店舗数を比べてみましょう。

メーカー 導入店舗数
シャリオン 5,500店以上
KOBEホワイトニング 230店舗以上
プラチナム 100店以上
ホワイトクラブ 30店舗以上
ホワイトブラン 20店舗以上

※編集部調べ

導入店舗数だけを比較すると、「シャリオン」が圧倒的に多いことがわかります。メーカーによっては導入店舗数を非公開としているところもあり、その他のメーカーを見てみてもまだ数が少ないことがわかるでしょう。

それに対して、「シャリオン」は5,500店舗以上と多くのサロン様などに選ばれています。今セルフホワイトニングの導入を検討している人にとっても、この導入店舗数は頼りになるでしょう。

数が多いほど、より信頼と実績のあるメーカーだとわかるからです。他にもセルフホワイトニングのメーカーはありますが、そのなかでも「シャリオン」は飛びぬけて導入数が多くなっています。

なぜ「シャリオン」が導入店舗数1位?他メーカーと比べてみよう

これほどまでに数字に差が出ているセルフホワイトニングメーカーの導入店舗数、なぜ「シャリオン」が圧倒的に多くなっているのでしょうか?その理由は、以下になります。

  • 初期セットの内容がとても充実している
  • 追加で消耗品を注文する場合はECサイトから簡単にできる
  • 消耗品は、15時までの注文なら当日発送が可能なのですぐに手元に届く
  • 消耗品の支払い方法が充実しているので助かる
  • 最低契約期間がない
  • 消耗品の原価が安い
  • 初期費用は発生するものの、加盟金や定期費用が不要
  • 店舗展開を多数行なっているオーナーが多い

初めてセルフホワイトニングの導入を考えている人にとっても、安心できる点が多々あります。シンプルで始めやすいというのも魅力の一つです。他社では発生する費用が不要にもなるため、最低限のコストで済みます。

さらに、「シャリオン」のセルフホワイトニングを選ぶ方の多くが、多店舗展開を実施しているオーナーであることもポイントです。

いくつか店舗を持っており、それぞれでセルフホワイトニングを導入するという流れから、導入店舗数が増えているのです。

このような点から「シャリオン」がセルフホワイトニング導入店舗数1位となっているなか、さらに詳しく各メーカーと比較してみました。表にまとめたので、以下を参考にしてください。

メーカー シャリオン
加盟金なし
定期費用なし
初期セットの内容美歯口LED55×1
美歯口溶液×1
マウスオープナー×30
繊毛歯ブラシ×30
紙コップ×30
紙エプロン×30
エプロンクリップ×1
アイガード×2
シェードガイド×1
サービスパレット×30
サービス案内資料×1
サービス同意書×30
サービスの流れ×1
A4POP×1
抗菌・除菌スプレー×1
美歯口ホワイトはみがき粉×1
美歯口マウストリートメント×1
臨店研修×1
ディプロマ(額縁入り)
マシン5年保証
アフターサポート対応
消耗品原価386円
最低契約期間なし
契約種別購入
追加消耗品の注文方法ECサイト
追加消耗品のお届け日数当日発送
※平日15時までの注文の場合
追加消耗品の支払い方法カード
NP掛払
代金引換
到着カード払
銀行振込
メーカー プラチナム
加盟金120,000円
定期費用25,000円
初期セットの内容LEDマシン×1
歯ブラシ×50本
紙コップ×100個
紙エプロン×80
ジェル用歯ブラシ×100本
コットンセット×80
ヴァセリン×1
シェードガイド×1
アンケートセット×500
LEDアイガード×1
同意書×500
その他小物一式
消耗品原価700円
最低契約期間1年
途中解約
違約金あり
契約種別定期購入
追加消耗品の注文方法FAX
追加消耗品のお届け日数注文後、1週間程度
追加消耗品の支払い方法代金引換
メーカー ホワイトクラブ
加盟金199,800円
定期費用10,000円
初期セットの内容LEDマシン×1
シェードガイド×1
アイガード×1
消耗品原価525円
最低契約期間1年
途中解約
違約金あり
契約種別購入
追加消耗品の注文方法メーカー非公開
追加消耗品のお届け日数メーカー非公開
追加消耗品の支払い方法メーカー非公開
メーカー KOBEホワイトニング
加盟金400,000円
定期費用18,000円
初期セットの内容LEDマシン×1
導入研修×1
認定書×1
BW DENTAL溶液×1
マウスオープナー×50
シェードガイド×1
アイガード×2
消耗品原価375円
最低契約期間なし
契約種別定期購入
追加消耗品の注文方法ECサイト
追加消耗品のお届け日数注文後、2~7営業日以内に発送
追加消耗品の支払い方法カード
銀行振込
代金引換
到着カード払
メーカー ホワイトブラン
加盟金198,000円
定期費用19,800円
初期セットの内容LED×1
消耗品80名分
※詳細はメーカー非公開
消耗品原価600円
最低契約期間2年
途中解約
違約金あり
契約種別定期購入
追加消耗品の注文方法メーカー非公開
追加消耗品のお届け日数メーカー非公開
追加消耗品の支払い方法 メーカー非公開

※編集部調べ

「シャリオン」とその他のメーカーを比較してみると、導入、継続のしやすさにおいて「シャリオン」が優位であることがわかります。

たとえば、消耗品の購入はECサイトででき、スピーディーに届けてもらうことが可能です。初期セットの充実度は他メーカーと比べても圧倒的で、必要なものがすべてそろっているのですぐにサービスを開始できます。

その他、消耗品の支払い方法が幅広く、お店にとって都合の良いものを選ぶことができるのも特徴です。

消耗品の原価も安く抑えられるため、利益をしっかり出せるのもうれしい点ですね。

初期費用においてまとまったお金が必要ではありますが、加盟金や定期費用が不要なのでコスパも良いといえるでしょう。

長く安定してセルフホワイトニングのサービスを提供していきたいとお考えのサロンにも、おすすめのセルフホワイトニングメーカーです。

セルフホワイトニング導入なら「シャリオン」を!

セルフホワイトニングメーカーが増えてきた今、本当に自分のサロンに合うところを選ぶのが難しくなっています。

できるなら、わかりやすい料金体系で、継続しやすいサービス内容のセルフホワイトニングメーカーを選びたいところです。

その点、「シャリオン」では初期セットの内容や費用面、消耗品の追加注文に関する点などが充実しています。

メーカーごとに比較しながら、より自身のサロンにぴったりなセルフホワイトニングを導入できるようにしましょう。

\この記事が気に入ったらシェア!/

基礎知識ホワイトニングを知ろう!

TOP