知識 2020.07.07

セルフホワイトニング機械の導入前に準備する4つのこと!

開業するにあたってセルフホワイトニングを導入したい自分のサロンで新しいメニューを取り入れたいというとき、ただセルフホワイトニングの機械を設置してOKとはなりません。

その他にも準備すべきものがいくつかあり、施術当日を迎えて足りないものがあったと慌てずに済むように確認しておきたいです。

新しい事業に挑戦したい、施術メニューを増やしたいとお考えの人は、ぜひセルフホワイトニングを始めるにあたって必要なものをチェックしておきましょう。

セルフホワイトニングを始める際に必要なもの一覧

自宅サロンなどでセルフホワイトニングを導入したいと思ったら、まずどんなものが必要なのかを調べておきたいです。

準備物の内容によって導入できるかどうかじっくり考えることも可能なので、導入したもののうまくいかないといった事態を防ぐためにも慎重に準備を行ないましょう。

ここでは、セルフホワイトニングを導入するにあたって必要なものを順にご紹介します。

畳一畳分のスペース

新しい美容機器を導入するとなるときに気になるのが、どれぐらいの場所を確保すればいいのだろうという点でしょう。いくつか店舗を展開しているところならスペースを確保することができるかもしれません。

しかし、個人でマンションや自宅の一室でお店を運営している場合は、必要なスペースについてもしっかり確認しておく必要があります。いざ機械が届いたときに置く場所がなかった!ということのないように、事前にチェックしておきましょう。

セルフホワイトニング機器のなかには、省スペースで始められるものもあります。たとえば、畳一畳分のスペースがあれば施術可能なセルフホワイトニングもあるのです。

これなら個人で開業を考えている人にとってもうれしいですね。畳一畳分くらいの場所なら、確保することができるでしょう。

すでに置いている機械の配置を変えるなどの模様替えをする必要もなく、ちょっとしたスペースでセルフホワイトニングを始めることができます。

洗面所の用意

セルフホワイトニングは、お客様が自分で歯のホワイトニングをすることができる機械です。施術の前後などで歯の確認をしたい、セルフホワイトニングの前にきれいに歯を磨いておきたい、うがいをしたいなど、洗面所を使いたいこともあるでしょう。

そこで、洗面所の用意を整えておくと安心です。経費を考えながら、洗面所にハンドペーパーゴミ箱を置いておくのも良いでしょう。

気軽に手を洗ったり、鏡を見ることができる洗面所を整えて、お客様に安心して使用してもらえるようにするのがおすすめです。

チェア

セルフホワイトニングの機械を使用している間、お客様がリラックスして座れるチェアを用意するのも忘れないようにしましょう。

できれば、リクライニングできるチェアが良いです。ゆったりとした気持ちで、セルフホワイトニングを受けることができます。

また、すっぽりと身体が収まるようなサイズ感のソファを用意するのも良いでしょう。サロンの雰囲気に合うチェアを選ぶと同時に、座り心地もしっかり確認し購入するようにすると安心です。

ティッシュペーパー

セルフホワイトニングを行なうスペースには、ティッシュペーパーも忘れないように補充しておきましょう。

洗面所にも置いておくと、お客様がいつでも気軽に使用できます。チェアのそばにも置いておくことで、顔や手が濡れたときなどに使うことが可能です。

サロンで多めに購入し、いくつか出しておくとお客様も使いやすいでしょう。

セルフホワイトニングを導入する場合、初期セットの中に必要なものがたくさん含まれているので、自分で用意するものはさほどありません。

いくつか用意するだけで良いという点から、気軽にセルフホワイトニングを導入できると好評です。セルフホワイトニングの機械を扱うメーカーによって初期セットに含まれているものが異なるので、細かく調べておくようにしましょう。

セルフホワイトニングはメーカーによって初期セットの内容を確認しておこう

セルフホワイトニングを始めようと思ったとき、機械を扱っているメーカーがいろいろあることを知ります。

費用やランニングコスト、必要なスペースや準備物など様々な点を考えつつ一つに絞ることになりますが、その際に初期セットの内容をしっかり確認しておきましょう。

メーカーによって、初期セットの内容は大きく異なります。消耗品までたっぷり入っているものもあれば、最低限の必要なもののみ揃えているところなど様々です。初期費用や自身で揃えるものに何があるかなどを考えながら、納得のいくメーカーを選びましょう。

セルフホワイトニングで必要なものをそろえ、落ち着いて当日を迎えよう

サロンなどでの導入が増えてきているセルフホワイトニング、自身で準備するものもいくつかあります。施術を行なうスペースや洗面所、チェアなどが最低限必要なものとなります。初期セットに含まれていないけれど必要なものは、そろえておかなければいけません。

どの機械を導入しようか検討している場合は、初期セットや準備物の内容から比較してみるのがおすすめです。

当日慌てずに済むよう、シンプルに必要なものをそろえて備えておきましょう。

余裕を持って安心して施術を開始できるよう、例えば「サロン個別で展開する店舗数が多い」といった指標も参考にしてみましょう。加えてノウハウがしっかりとあるメーカーを選ぶことも大切ですね。

\この記事が気に入ったらシェア!/

基礎知識ホワイトニングを知ろう!

TOP